布都御魂と三神剣

「布都御魂」は神武東征の折にナガスネヒコの軍に敗れ熊野山中で悪神の毒気によって危機に陥った神武天皇に、高倉下が持 参した剣です。
その霊力によって 神武の軍は蘇りヤマトの征服に大いに役立ったといわれています。

この剣は神武にヤマトを明け渡したニギハヤヒの子にあたるウマシマジによって宮中で祭られていましたが、崇神天皇の時代に石上神宮に移され御神体となりました。

三神剣のうち、「天叢雲剣草」と「布都御魂」はその姿が伝わっています。
「天叢雲剣」には江戸時代に書かれた『玉範集裏書』に、色は全体的に白っぽく長さが約二尺七、八寸)で、刃先が菖蒲の葉のような形だ書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です