小太刀と脇差の違い

現代では区別があいまいで、同一視されることもある小太刀と脇差ですが、そもそも小太刀とは太刀や大太刀が流行していた時分に刃渡り60センチ未満の太刀を区別するために用いられた言葉です。一方で脇差とは大小二本差しの小に当たるもので、予備として蛍光されていたものです。しかし、こちらも長さが30センチ以上60センチ未満のものを指すので、現代では区別サッれないこともあるのです。

以下に代表的なものを紹介します。

・にっかり青江(にっかりあおえ)
無銘ではあるが、備中青江派の青江貞次による小太刀だと言われています。
元は2尺5寸の太刀であったが、後に2尺の刀に大磨上が行われて小太刀と言われるようになりました。
その昔、領内に化物がでるとのことで退治に行くと、「にっかり」と笑う、子どもを抱いた女が立っていたので、切り捨てたことから、こう呼ばれるようになりました。
大切先で真の棟、表裏に棒樋をかき通す。
刃文は匂いの締まった直刃に、小乱れ逆足がまじる。
重要美術品に指定されています。
丸亀市立資料館に所蔵されています

・鉋切長光(かんなぎりながみつ)
備前長船派の長光による小太刀です。
この刀を所持していたた堅田又五郎が、道連れになった大工に鉋(かんな)で襲われたときに、鉋ごと大工を真っ二つにしたが消えて去ってしまったということから、「鉋切」と呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、寸は少しつまっているが反りはやや高く、身幅は広く、切先は猪首です。
重要美術品に指定されています。
徳川博物館に所蔵されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です