敵に塩を送る

「敵に塩を送る」という言葉の由来をご存じだろうか。 甲斐国(山梨県)の武田信玄は、駿河国(静岡県中央部) の今川氏との同盟を破棄し、東海方面への進出を企てる。危機を感じた今川氏真は、縁戚関係にあった相模国(神奈川県)の北条氏康の協力のもと、武田領内に塩が入ら ないよう画策する。  武田氏は、海のない甲斐と信濃国(長野県)を領地とするため、塩の入手はもっ ぱら相模固に頼っていた。そこへ、この仕打ちである。領民は大いに苦しんだ。この状況を知って心を痛めたのが、信玄の好敵手・上杉謙信だった。『日本外史』によると、謙信は信玄に手紙を送りこう伝えた。 「(今川)氏真と(北条)氏康は塩を閉鎖して貴公(信玄)を苦しめている。これはま さしく不雄不義である。私は貴公と戦っているけれど(川中島の戦い)、この戦いは 弓矢をもって戦うのであり、生命に欠かせない塩ではない。ゆえに塩はわが国(麟後)から得られるがよい」 この逸話から、苦境にある敵を助けることを例え、「敵に塩を送る」といわれるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です