銀座に画廊あっても「刀廊」なし

当代一流のある骨董屋さんが言うには「お客さんところへ御茶器とかいろんなものを持っていくと、なかには日本刀を所蔵されていて、こんなものいらないよ、という。そんなものをいただいてきて、今土蔵にしまってあります。昔なら武士の魂と言われ、御刀は最高のものだった。それが現在は逆転してしまった。せとものや何かの名品の方はうんと高いですがね。だから、私は将来日本刀とかは、確かに値段が出る。真価を認められて本の値段に復すると信じているので、自分でお金を出しは買えないけれど、お茶器などを納めたときにむこうから―多少の儲けもありますから―その下取りに頂いてきて、蔵にしまってあるのです。で皆さんたちにも忠告したいことは、皆さんが扱っているものはその時代に一番尊い、最高の武器ではあったろうけれども、今は立派な美術品だから、もっと自信を持ってやって下さい。刀剣を扱っている方々は文名立派な方々だけども、失礼ながら資金的に骨董屋さんより落ちる方がある。今の骨董屋さんですと、何十億円も持っている方はざらにいるわけです。しかし刀屋では何億という方はざらにいるでしょうけれども、それもあまりはっきりしない。刀屋で資力がないのは刀で儲からないないからです。儲からないから刀屋がいい刀をじっと持っていられない。すぐに売る。したがって利益も少ないといった悪循環を繰り返しているんです。ところが、新画とか、あるいは陶器などは、ついこの間まで安かったものがどんどん値が上がっていく。だから考えてみなさい。銀座というところがある。日本で最高のところで、世界でも銀座は一流のところだと思うけれど、ここに画廊というものがたくさんある。どんどん増えている。それに比べ刀の画廊式のものはないじゃないですか。失礼だけれども、刀剣で銀座とか一流の地に店を構えている方を知らない。私は骨董屋だけれども非常に残念だ。だから一生懸命やって銀座の画廊に対抗するような立派なものを作って下さい。」と、この骨董屋に非常に教えられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です