サラリーマンの日本刀

10万~50万円クラスの脇差が人気です。値段が安くて楽しめる刀の一つに脇差がある。サラリーマンの日本刀である.脇差は、定寸と呼ばれる二尺三、四寸のものより短く二尺未満であるが、有名工から無名工に至るまで全てが制作している。限られた経済力の人が楽しむには最も手頃だろう。 昭和四十六年頃の十万クラス~五十万円クラスまでのものを紹介しよう。 ■十万円~十五万円 源盛昌 43.2cm   大和系で盛高を祖とする日本刀です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です