ひと口に日本刀といってもさまざまな種類があるが、ど の日本刀に対しても、「折れず曲がらずよく斬れる」という表現がよく使われる。意 味は、読んで字のごとし。だが、この言葉に存在する。矛盾にお気付きだろうか。 たとえば、「柳に雪折れなし」といわれるように、柳の枝はよくしなる(曲がる) ため、雪が積もっても折れることはない。逆に、しなりのない木の枝は、一定以上 の力を加えるとパリンと折れてしまう。つまり、「折れないこと」と「曲がらないこと」とは、両立しがたい性質なのである。 では、いったいどうやって日本刀は、「折れず、曲がらず、よく斬れる」を可能に しているのだろ、っか。 日本刀の原材料となる鉄は、炭素を多く含んでいると硬くて折れやすくなり、逆 に、炭素が少ない鉄は軟らかくて(粘り気があって)折れにくい。実はこの二種類の 鉄を使うことで、日本刀の矛盾を解決しているのである。 さらに、これらの鉄を「赤く熱しては叩いて延ばして折りたたむ」という作業を たんれん くり返す。これを「折り返し鍛錬」といい、叩く ことで不純物を叩き出し、炭素量を調整する。と 同時に、折り返すたびに層は倍々に増えていく。この折り返し鍛錬によって、世界にも類を見ない 日本刀の鉄の強さが生まれるのも、もっともだ。 こうして炭素を調節して作られた、硬い外側の かわがね 鉄(皮鉄)と、衝撃を吸収する軟らかい内側の鉄 しんがね (心鉄)と焼き入れという作業によって、刃 はより硬くなる。 これが、折れず曲がらずよく斬れる の秘密である。