鎌倉時代後期、相模国(神奈川県)で活躍した刀匠。その作風は、寸分の狂いも許さない、澄み切った感性がある。国宝に指定されている三振りの短刀のうちの一つ「会津新籐五」は国光の最高傑作といわれている。信長、秀吉に仕え、会津を領有していた武将・蒲生氏郷の愛刀であったことから、この名がついた。

正恒の日本刀

備前国(岡山県南東部)は、日本最大の刀剣産地として知られる。中でも平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した刀工集団を「古備前派」と称し、正恒は古備前派を代表する刀匠である。五振りの国宝を含む現存の作品は、全て太刀。多くは細身、鋒(きっさき)が小さくて反りの高い、平安時代特有の姿をしている。古雅と評されるものが多い。

福岡一文字吉房の日本刀

備前国を流れる吉井川流域では良質な砂鉄が採れたため、古くから盛んに刀日字が行われた。様々な刀匠集団ができ、その中でも備前鍛冶の主流であった一文字派の一人が、吉房である。国宝「岡田切」を含め、五振りの太刀が、国宝に指定されています。