豊臣秀吉は、無類の名刀収集家だった。数々の名刀が献上されたが、これを人斬りの道具として珍重したのではなく、権威の象徴と考えていた。しかし多くは大阪城落城と共に焼けてしまった。徳川家康はこれを惜しみ、焼身となった名刀を集め、再刃(再び焼き入れして刃文を付け直す)した。再び命を与えられた名刀達は、こうして徳川家に伝わり、御物や国宝、重要文化財となっている。名刀を集めた秀吉が特に愛蔵したのが、「一期一振」の異名を持つ「吉光」だ。鎌倉時代初期に活躍した山城国(京都府南部)の刀匠・粟田口藤四郎吉光の太刀である。吉光は短刀制作の名手であり、この一期一振りだけが、世に出たただ一振りの太刀ということで、この名がつけられた。一振りだけしか作らなかったわけでなく、吉光作の最高峰の太刀とみなされ、この異名が付けられたといわれている。刃長は二尺二寸七分(約68.8cm)と短いが、これは秀吉がこがらな体格に合わせて磨り上げたためで、もともとは二尺八寸三分(約85.7cm)あったといわれる。現在は、御物として宮内庁に保管されている。

石田切込正宗(いしだきりこみまさむね)・・・石田三成

日本刀を鍛錬する過程において、不純物や、ちょっとしたミスが疵都なって現れることがある。こうした疵は日本刀の美術品としての価値を下げる要素となるが、疵であって疵とされないものもある。「矢疵」と「切込疵」である。武人にも、現代の愛刀家にも尊重・珍重されている。 この切込疵にちなんでのちに異名をつけられ田野が、「石田切込正宗」。相州の名工正宗の作である。物打(物を斬る力点にあたる、12cm位の部分)と鍔に近い部分の二か所に切込疵がある。石田三成の愛刀であったが、この疵は三成の元に渡るよりもはるか以前に、どこかの戦場で受けた物であろう。秀吉没後、清正や福島正則らに襲撃された三成は家康に助けを求めた。三成は奉行を辞職し領地の近江佐和山に帰ることとなった。道中警護して付き添ったのが結城秀康である。家康の二男として生まれ、秀吉の養子となった人物である。